長く働くことを見据えて、「天職」に巡り合うことをどう捉えるか

仕事

「天職」に巡り会えると良いですが、殆どの人は天職ではない仕事で生計を立てています。

自分では天職だと思っていなくても、実は天職だったりする場合もあるかもしれませんが、当の本人がそう認識しない限りは天職とは言いづらいですね。

当の私も今の仕事が天職がどうかはわかりません。時には自分が苦手な仕事もやってますし、自分で仕事を選り好みできる立場でもありません。上がやれと言われればやらないといけない以上は、仕事が天職とは言い難いのかなと思います。

幸い、私はやりたいと思う仕事をやれてるので、それなりに恵まれているのでしょう。しかし、それを天職にできるかは今後の自分の働きぶりにかかっていると思います。

また、これからまだ何十年も働く中で、一つの仕事だけで全うできるかもわかりません。場合によってはキャリアを変えていかないといけない場面も出てきます。

そうなったとしても、今の自分の仕事をしっかりやった先に新しいキャリアは見つかるはずなのです。もしくはパラレルキャリアというやり方もあるでしょう。

自分の仕事がどうなるかはわかりません。今をまずしっかりやってこそ、将来は見えてくるのです。一方で、社会の変化にアンテナを張ることや、自分の好きなこと、強みを深掘りすることも合わせてやっておきたいことです。