不満をどうしたらなくせるか?そこに夢の種がある!

morning_20170807 逆算手帳

逆算手帳と向き合い、自分のビジョンを描いています。もう一度、やりたいことリストを見直しました。

今回は今、自分が不満に思っていることを書いてみて、それをなくすにはどうあればよいかを考えました。

例えば、「毎日忙しい」のが不満なら、忙しくなくなると何がしたい?どうすれば忙しくなくなる?と考えるのです。
そうすると、「自分の時間を持ちたいから早く帰りたい」とか、「ダラダラ仕事をして非効率な時間の過ごし方をしていたから、もっと時間を上手く使えるようになりたい」といったwishが出てくるはずです。

morning_20170807

不満の種が単に他人に流されるが故のものなら、もっと自分らしく生きることがwishになるはずです。自分自身としっかり向き合わないと不満の種はなくなりません。不満は消えないけと、どうしたらいいか考えて、前向きな言葉を書くだけでも、希望が生まれるのではないかと思うのです。実際にその不満か消えるのは思いをずっと醸成して、行動し続けることが必要ですが、まずどうしたらよいのか考えないことには現実は動かないのです。

これを考えて、自分のやりたいことリストはまたワクワクが増えてきたように思います。これまでワークの側面に自分が向き合えていないこともよく分かりました。改めてビジョンを描いたら、以前とはまた違うビジョンが生まれ、自分としても納得のいくものに近づきつつあります。