東京マラソン2019まで残り100日!完走目指して、まずやるべきこと

ランニング

東京マラソン2019まで残り100日となりました。皆さん、練習は進んでいますでしょうか?私はなかなか練習ができず、週1回くらいしかできていませんが、今月はコンスタントにランニングができています(過去3ヶ月近くは全く走れていなかったことに比べれば、格段の進歩です)。

残り100日、完走を目指してやるべきことは何でしょうか?2年前に東京マラソンを完走できた経験から、主に初心者ランナーや運動することが苦手だけど東京マラソンに申し込んだら当たっちゃった人向けにやるべきことを挙げてみます。

完走目指して、まずは長い時間運動することに慣らす

東京マラソンは制限時間7時間、完走だけを考えれば速く走る必要はなく、1キロ7分台のペースで走れば理論上完走することは可能です。途中歩くことを交えながらやれば、完走できます。

私も東京マラソン2017を完走したときは30キロ過ぎまではなんとか走って、そこから走れなくなり、残り12キロ近くは歩いてなんとかゴールまでたどり着きました。長い距離を走るだけの脚づくりができていなかったのですが、長い時間を走る(歩く)ことはちゃんとやっていたので、ゴールまではたどり着けました。

だから、初心者ランナーや運動することが苦手だけど東京マラソンに申し込んだら当たっちゃった人はまず歩いてでもいいので、長い時間を運動することにカラダを慣らすところからスタートするとよいです。

最初は30分歩くところから始めて、40分、50分と少しずつ走る時間を増やしていきます。スピードは最初は木にしなくても構いません。走りたくなれば走ったらいいですし、しんどければ歩くだけもいいです。毎週最低60分は走る(歩く)練習が1日でもできればいいですね。

30分歩けないのに、30分走ることはできません。30分余裕で歩けるなら、30分は走って、走れない距離を歩けばよいのです。歩いた距離を今度は走れるように徐々に負荷を上げていきます。

まとめ

いよいよ東京マラソン2019まで100日となりました。まだ練習していない人でもここから頑張ればまだ間に合います。長い時間を走る練習を定期的に取り入れ、脚づくりをしっかりとしていけば初心者ランナーや運動することが苦手だけど東京マラソンに申し込んだら当たっちゃった人でも完走に大きく近づきます。

私もなかなか練習ができず、少し遅れ気味でしたが、ここから完走を目指して巻き返しを図っていきます。