明日の私に抱く妄想は行動に移してこそ、現実に変化が生まれる

未分類

昨日の自分が今日になってスーパーマンみたいに何でもできるようになる妄想を抱いたことありませんか?

明日の私に期待を持つこと

例えば、夕方に「まだ仕事残ってるけど、明日の私がちゃんとやるから今日は帰ろう!」と思うことはありませんか?

昨日、できないことは今日がその仕事にパワーを費やせるなど対策が講じられてない限りはできる確率は低いままです。

行動が変わるための第一歩

昨日できないことを今日できるためには、昨日とは違って、何か行動を起こすことが必要です。例えば、時間を余裕を持って確保することも一つ、できる人に聞くのも一つ、予め仮説を立ててできるための近道を考えるのも一つです。

明日の私が頑張るという妄想だけでは現実は変わりません。変わるためには何らかの行動が伴わないといけません。

どうやったら今から一歩でも理想に近づくか、それを考えて行動に移す。その繰り返しで人は昨日よりできる人になるのです。

まとめ

妄想を抱くことが完全に悪いわけではありません。その妄想を見える形にすると、自分がありたき姿になります。ただ、妄想だけではダメで、そこからどうやって妄想に近づけるかを考えて、少しでも行動に移さないと変わることはありません。