逆算手帳の利用法・活用法まとめ

逆算手帳

こんにちは。
逆算手帳を2018年版からメインの手帳として使い始め、やりたいことを少しずつ実現できるようになりました。

このブログでも逆算手帳について、自分が実際に使ってみて得たノウハウを情報発信をしてきました。
これらの記事をまとめ記事として見やすく集約しました。

seikurabe

この記事を見て、「逆算手帳」を使ってくれる人が増えたり、より活用が進む人が増えたりすると嬉しいです。

はじめに

逆算手帳とは?

GYAKUSAN planner(「逆算手帳」)は「こうありたい」を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てる手帳です。

引用:http://www.gyakusan.net/

逆算手帳の中身

逆算手帳は12種類の記入ページがあります。

下記は2020年版の場合です。
  1. My Wish List(やりたいことリスト)
  2. Do not List(やらないことリスト)
  3. Lesson List(学んだことリスト)
  4. Life Vision (ライフビジョン)
  5. Life GYAKUSAN(ライフ逆算シート)
  6. 10 Years GYAKUSAN(10年逆算シート)
  7. 1 Year GYAKUSAN 2020(年間逆算シート)
  8. 1 Year Goal 2020(年間目標シート)
  9. 15 Months Gantt Chart(15ヶ月ガントチャート)
  10. Monthly Gantt Chart(マンスリー・ガントチャート)
  11. Monthly Calendar(マンスリー・カレンダー)
  12. Daily Vision(デイリービジョン)

年始にやりたいことを具体的にアクションをしていくためには、年末までにどのページを仕上げておく必要があるかについて、下記のページでまとめました。
9種類のページを通して、自分と向き合い、ビジョンを描き、計画を練っていきます。

逆算手帳を年始から使うためにやるべきことをあげてみました

私が逆算手帳を使おうと思ったきっかけ

私が実感した逆算手帳の魅力

ビジョンとプランとアクションが一冊に見える形で確認できること
軽くてデザインがシンプル
プロジェクトマネジメントの思想が色濃く反映されていること

逆算手帳を使うまでの経緯と使ってみて実感した3つの魅力

逆算手帳の利用法・活用法まとめ

利用法そのものは逆算手帳認定講師でないとレクチャーできないので、この記事では私が実際に逆算手帳で行動してみた結果を踏まえた利用法・活用法のポイントをお伝えしていきます。

逆算手帳のステップ

逆算手帳には3つのステップがあります。

逆算手帳の3ステップ
  1. Vision(ワクワクする未来を具体化する)
  2. Plan(ビジョンから逆算して計画を立てる)
  3. Action(楽しみながら実行する)

この3つのステップに沿って、利用法・活用法をまとめていきます。

Vision(ワクワクする未来を具体化する)

Visionで一番肝になってくるのは「ライフビジョンの作成」です。

20170905091109.jpg

逆算手帳を買ったらやること〜ライフビジョンの作成〜

その前にWish List(やりたいことリスト)を作りましょう。
最初は100個も思い浮かばないと思います。
私もそうでした。

2018年のWish List(やりたいことリスト)では最終的に200個以上をひねり出すことができました!
Wish Listをたくさん書き出すためのポイントについて下記の記事でまとめました。

やりたいことリスト(WishList)をたくさん書き出すための4つのポイント

ライフビジョンは8つのセクションを埋めていきますが、ポイントは無理やり埋めようとしないことです。
無理やりやってしまうと本当にワクワクすることが入らず、義務的にやらないといけないことが入ってしまいかねません。

逆算手帳のライフビジョン、8つのセクションは無理に埋めようとせず、自然に埋めていこう!

ライフビジョンに迷ったら、デイリービジョンを先に書いてみるのもオススメです。

逆算手帳のライフビジョンで「ライフスタイル」に悩んだら、Daily Visionを考えてみよう!

デイリービジョンは理想の一日を思い浮かべて、どうやったら近づけるのかを考えましょう。

stepup_20171015

逆算手帳のDaily Visionで理想の一日をどうやったら近づけるかを考えてみよう!

逆算手帳・認定講師の皆さんがセミナーを開催しています。
いくつか種類がありますが、ビジョン作成ワークショップについては受講することをオススメします!
私が2017年に受講したセミナーについて下記の記事でまとめました。

逆算手帳セミナー・ビジョン作成ワークショップに受講して、逆算手帳のキモである「ライフビジョン」作成のイロハを学ぶ

Plan(ビジョンから逆算して計画を立てる)

逆算手帳で夢を叶えるキモはプランニングです。

完璧主義にならず、柔軟な計画を立てることがポイントです。

逆算手帳でプランニングをする上で重要なのは「柔軟性」

Action(楽しみながら実行する)

逆算手帳に限らず、使いこなすためのコツはシンプルです。それは、「毎日持ち歩き、眺める」ことです。

逆算手帳で計画を実行するためのコツは毎日携帯し、眺めることを習慣化することだ

よって、逆算手帳に挫折したときに立ち直るにも、まずは「手帳を眺めることを習慣化させる」ことが大事です。
それがある程度できると軌道修正もしやすくなります。

逆算手帳に挫折した時の立ち直り方

手帳に求める役割を皆さんはそれぞれお持ちだと思います。
逆算手帳ですべてをカバーするのは厳しいので、逆算手帳には自分はどの役割を担わせるのかを整理しておくと、活用が長続きします。

手帳をどのような役割で使うのかを棚卸ししてみる(2019年10月版)

その他

逆算手帳を年始から使い出すために、気をつけておきたいポイントをまとめました。

逆算手帳を年始から使い出すための3つのポイント

逆算手帳を使う上で教科書的存在である本、「逆算手帳の習慣」の発売を受けて開催された出版記念セミナーでコボリジュンコさんから多くの気づきを得ることができました。

「逆算手帳の習慣」出版記念セミナーへ、たくさんの気づきをもらいました

参考図書

・逆算手帳の習慣

・願いをかなえる!逆算手帳術 (宝島社)

・童話でわかるプロジェクトマネジメント