娘の成長を感じ取った運動会、暑い一日でした

子育て

日が経ちましたが、10月9日は上の娘が通う幼稚園の運動会でした。年中さんになり、ここ数ヶ月でもかなり成長が感じられる娘ですが、運動会も楽しく取り組めたようです。

場所取り

運動会の父親の仕事は「場所取り」です。娘の幼稚園の場合は前もって抽選に申し込み、それに当たると場所取りの順番が前もって決まります。外れると当日並んで、先の抽選に当たった人が場所を確保した後に、先着順に場所を取れるルールになっています。

我が家は抽選に外れたので、朝早くに会場へ向かい、場所取りの順番に並びました。早めに着いたので、娘の活躍が見られるポジションを取ることができましたが、日陰ではなかったので、日差しをモロにくらい、暑かったのが反省点です。
娘がよく見える場所を取るか、日陰をとるか、家族によって考え方もまちまちです。

親子競技

父親の仕事のもう一つは親子競技です。今年は親子騎馬戦、娘をおんぶして、相手とじゃんけんをするというモノ、親はおんぶをして動き回ればよかったので、あまり活躍の場はなかったかな?
退場は子どもを肩車して、退場門まで歩くのですが、私の背が高いこともあり、「うわぁ、〇〇ちゃん(娘の名前)高い〜」とビックリされたのは娘にとっては少し嬉しかったようです。

親譲り

娘は今年も徒競走はスタートの音にビックリして、出遅れでしまい、結果は下から2番目でした。今年から種目に加わった全員リレーもバトンを受け取って、違うコースを走りかけてたし、こういう駆けっこ系が不得手なのは親譲りだなぁと思いました。来年はもっと活躍できるといいなぁ。

まとめ

そんなこんなで暑い一日は過ぎていきました。親として関わる2回目の運動会、観戦にもつい熱がこもりました。来年は年長さん、マーチングやパラバルーンもあり、見どころたくさんです。それまでしっかりと娘の成長を支援していこうと思った一日でした。