船橋駅・将泰庵DINER〜新感覚の「飲めるハンバーグ」を味わおう!

食べる

船橋駅・シャポー船橋南館3階にある「将泰庵DINER」をご紹介します。シャポー船橋は2018年にリニューアルして、新しく南館ができました。
リニューアル直後から行列が絶えずできていて、一年経ってもランチでは相変わらず行列ができているお店がこの「将泰庵DINER」です。

「飲めるハンバーグ」というコピーが印象的で、いつかは食べてみたいと思ってましたが、たまたま空いてる時間に行くことができました。

船橋駅・将泰庵DINER~新感覚の「飲めるハンバーグ」を味わおう!

行った日は夕食どきに訪問、ランチはもう少し価格が安いです。私は行った日のランチに松戸でハンバーグを食べる予定でしたが、ちょっとのタイミングでその機会を逸してしまっていました。だから、尚更ハンバーグが食べたかったのです。

壁はプロジェクションマッピングで桜の風景が投影されていました。プロジェクションマッピングはこのお店のもう一つの見所です。

今回はハンバーグのセットを注文しました。サラダ、スープ、ご飯がついて2000円を超えますから、少し値段は高めです。普段使いのお店ではなく、特別な時に使ってほしいという意図があるのかもしれませんね。

まず、セットのサラダが来ました。

食べている時に、箸置きも凝っていると気づきました。そう、箸置きも牛なのです。

そして、ご飯、スープとハンバーグが来ました。

食べてみると、肉がきめ細かい感じです。黒毛和牛100パーセントのハンバーグで肉汁も味わえ、味も美味しいです。特筆すべきは他のハンバーグとは違う感覚が味わえることです。

「飲めるハンバーグ」ーその名の通り、確かにそのまま飲めるほど、柔らかな感覚のハンバーグでした。

コトバではなかなかお伝えしづらいこの感覚、是非お店で体験されることをオススメします。

お店の情報はコチラから

関連ランキング:ハンバーグ | 船橋駅京成船橋駅東海神駅