娘の発表会で成長を目の当たりにして思わず涙した日曜日

子育て

こんにちは。
上の娘は今年幼稚園の年長さんです。幼稚園の発表会があり、家族で見に行きました。子どもたちの真剣な演技と演奏にココロを揺さぶられました。

場所取り

幼稚園の行事は場所取りがつきものです。下の娘もいるので、確実に座れて、何かあったときにすぐに席を外せる場所が理想です。
開場時間に合わせて向かい、開場まで並びました。開場からが勝負!今年もちゃんと場所取りができました。

発表会本番

発表会は劇と合奏、歌の3つをやります(劇についてはお遊戯(ダンス)と選べる)。

「ピーターパン」で人魚の役でした。セリフもきちんと喋れていて、ホッとしました。

合奏・歌

ピアニカを一生懸命吹いていました。歌もしっかりと歌えていました。

気づき

親バカかもしれませんが、娘の成長を目の当たりにすると自然と涙が出てきます。劇も幕が開いた瞬間から涙が出てました。無事に舞台が始められるかどうか不安だったのです。

大人が涙を流すのはどうかという声もありますが、発表会の会場も暗かったですし、娘の成長を間近に見て、涙が自然と出てきたのです。家に帰って、娘をたくさん褒めてあげました。

後は発表会本番までにきちんと仕上げてくる先生方の努力にも感謝です。

まとめ

発表会が終わると二学期も終わりが近づいています。来年春からはもう小学生、早いものです。幼稚園生活も残りわずか、娘にはたくさんのよい思い出を残してほしいです。