お金と真剣に向き合っていくために家計簿からどう計画立てるか。

お金

お金も時間もよく似たもので、油断すると「浪費」をしてしまいがちです。

お金のことを考えることに私は心理的に壁があると思っていましたが、いよいよ真剣に向き合っていかないと家族が路頭に迷いかねないと思い、少しずつ改善を始めています。

お金も時間も、まず何にどれだけ使ったか現状把握をすることが大事です。家計簿をコツコツとつけることはここ数ヶ月で身につきました。

単に記録しただけでは家計は劇的に改善しません。でも、記録するからとムダに使っていた出費を抑えられたという場合もあり、たかが記録するだけとはいえ、侮れません。

さらに一歩進めるためには、何にどれだけ使ったかを把握するとともに、どこに無駄があるのかを見極め、無駄を無理なく削ることが大切です。私の場合は、把握まではできるようになったので、ここからは無駄を見極めて、どこを削っていくのかを考えて、実行へ移すステージに来ています。

もうすぐ給料日、そこを機にもう少し使い方の見直しをしていきます。