家計簿を改めて振り返り、家計改善のために何が必要なのかを考えてみた

お金

大型連休、いかがお過ごしでしょうか?今日は普段なかなかできないお金のことについて考える一日でした。

4月から会社の給与体系が変わり、改めて自分の手取りと支出状況について確認してみました。家計簿はコツコツとやっていますが、家計簿を見返してみて、改善ポイントを洗い出すことはなかなかできずにいました。大型連休で時間が取れる今だからと思い、朝からじっくりと家計簿と向き合いました。

おかげで幾つか改善ポイントが見つかりましたので、早速実行へ移しています。気づいた店を幾つかシェアしますね。

収入を増やそうとするのは厳しい

会社員ですから、副業でもしない限りは収入は増えません。出世してより責任ある立場になるくらいしか選択肢がない状況です。つまり、何か将来に向けて投資をするにしても、収入は増えないので、支出を抑えて、貯蓄や投資の費用を捻出していかないといけないのです。

残業代はアテにしない

残業代のあり・なしで大きく収入が変わります。ただ、不確定要素が大きいものを予算に組み込むのはリスクが高いです。であれば、残業代は貯蓄・投資費用と割り切り、予め給与が出た段階で通常口座から移動させておくのがベターでしょう。

固定支出を抑える

支出を抑えるにあたり、固定支出をどう抑えるかがポイントだと思います。例えば、通信費用や保険費用などは内容を見直してみるべきです。

月に幾ら使えるのかを決める

当たり前ですね・・・。収入以上の金額を使うと赤字になりますから、収入から固定費を引いて、他かかりそうな費用を考慮して、月に生活費として幾ら使えるのかを決めておくと、その中でどう過ごそうかということを考えるようになります。これがないと湯水のようにお金を使ってしまいがちです。

家計簿をつけるだけではダメで、時にはそこから何を改善できるのかを考えることが大事であると痛感しました。