自身のマネジメントがちゃんとできずして、たくさんのお皿はうまく回せない

未分類

26日金曜日にお客様に怒られ、激凹みの週末を過ごしました。怒られた原因が「報連相ができていない」ことと、「納期が甘すぎる」ことなので、自身のマネジメントができていないことが原因であると言い換えられます。

たくさんの皿を回しても、マネジメントするためには?

皆さん、一つのプロジェクトをやるだけなら大丈夫なのです。私も普段はちゃんと報連相もしますし、ちゃんと納期を切ってタスクを捌くことはできるのです。問題は複数のプロジェクトを回すときにちゃんとできるのかということです。

プロジェクトを回すということは皿回しに例えるとたくさんの皿を一斉に回しているようなものです。お皿をちゃんと回すには回す人がちゃんとしていないとお皿は割れてしまいます。私の金曜日の状態もお皿が一つ割れてしまったのです(今にも割れそうなお皿があるのかもしれません・・・)。

そう、自分自身がちゃんとマネジメントできるキャパシティを保っておかないとプロジェクトは回せません。自己管理の甘さを突きつけられた週末です。

では、どうしていこうか?

このままで終わるわけにはいきません。割れたお皿を直して、もう一度皿回しを始めないといけません。たくさんのお皿をうまく回せるように、少しずつできるところから改善をしていきます。自分自身をしっかりとマネジメントできないことには、たくさんの人が絡むプロジェクトは回せないですし、ましては複数のプロジェクトマネジメントを成功させるなどできないのです。これまで気合と根性でどうにかしてきましたが、アラフォーになって気合と根性だけではどうにもならない状況にもなりました。

これを機に気合と根性に頼らないセルフマネジメントをしっかりと身につけるべく、これから日々努力するぞ!