生活リズムを崩すようなことはしない!

未分類

先週は火曜日から生活リズムが崩れてしまい、手帳や片付け、ストレッチといったルーチンタスクが疎かになってしまいました。

生活リズムが疎かになるトリガーを掴む

結論としては、「生活リズムを狂わせることはやらない」です。しかし、どういうことをすれば、リズムが狂うのかがわからないから、いつのまにか生活リズムが狂い、やろうとしていたことができない状況に陥ります。

生活リズムが狂うのはどういう時かを把握するには「どういうことに時間を使ったのかを記録すること」に尽きます。
合わせて、それをやって、どういう気持ちになったかを記録できているとさらに良いでしょう。

トリガーは長距離移動

私の場合は「長距離移動」でした。仕事で片道2時間以上かけて向かう場合にリズムが狂いがちです。
電車に長い時間座りぱなしなのと、空き時間にスマホをつい見てしまうことが大きいですね。
先週はお客様先に行ったら、不在で気持ちの糸が切れてしまい、都内に戻り、一人飲み会てした。

トリガーとなる日はいつも以上に過ごし方を気をつけて臨む必要があります。意識しておくだけでもだいぶ違います。