近鉄特急・伊勢志摩ライナーに乗る〜先頭車・パノラマデッキから眺める普段と違う車窓を楽しむ

楽しみ

こんにちは。
電車に乗るのも、電車に乗って景色を眺めるのも大好きなseikurabeです。

2019年夏も私の実家である三重県伊勢市に家族で帰省しました。
自宅がある千葉からだと東京まで出て、新幹線で名古屋に向かい、名古屋から近鉄に乗る必要があります。
名古屋からの近鉄特急で今回は「伊勢志摩ライナー」に乗りましたので、その話をお届けします。

近鉄特急・伊勢志摩ライナーに乗る〜先頭車・パノラマデッキから眺める普段と違う車窓を楽しむ

伊勢志摩ライナーとは

近鉄特急23,000系車両のことで、伊勢志摩ライナーはその愛称です。
「伊勢志摩ライナー」という愛称の通り、主に大阪・名古屋・京都と伊勢志摩との間の特急で使われています。
デラックスカーを除き、乗車券と特急券で乗れます。

車両の窓が広く、車窓の景色を楽しめるのがポイントです。
また、色が通常の特急とは異なり伊勢志摩の太陽と陽射しを表現した、鮮やかな「赤色」と「黄色」の2種類のカラーリングとなっています。

伊勢志摩ライナーに乗る

伊勢志摩ライナーに近鉄名古屋駅から乗車します。

今回、先頭車の座席を確保しました。
名古屋駅の場合、改札から先頭車まではかなり歩くことになるので、時間に余裕を持って動くことをオススメします。

先頭車からの景色

伊勢志摩ライナーの魅力は先頭車です。
運転席後方にパノラマデッキと呼ばれる展望スペースがあり、車窓とは異なる風景を楽しむことができます。
子どもたちとパノラマデッキに来て、景色を眺めていました。
子どもたちはいつもと違う景色に大興奮でした。

動画に撮ってみました。
愛知県と三重県の県境にある鉄橋です。
こういう景色を楽しめるのがパノラマデッキならではの楽しみですね。

「でんしんばしら、でんしんばしらだ!」って言っているのが私の娘です・・・。

伊勢に到着

目的地である伊勢に到着しました。
今回は近鉄宇治山田駅に降りました。

伊勢志摩ライナーを見送ります。

最後に

伊勢志摩ライナーは近鉄特急で伊勢志摩に向かう時にオススメの特急です。
特に先頭車からの景色は大人も子どもも楽しめますよ!