有限な時間を上手く使うために〆切を活用し、〆切を守れるようになろう

時間は有限です。無限にあればと思いますが、限られた時間で自分で優先度を決めて、取り組まないといけません。

〆切を決める

時間が逆にあればあるほど、人は「まだ時間があるからと」と取り組まないことの方が多いです。〆切があるからこそ、人は「それまでに仕上げなければ」と思い、取り組むのだと実感します。

だから、「〆切を決める」というのが物事を進めるためにはマストなのです。
人に決められるよりかは自分で決めた方が、コントロールできますよね?〆切が決まってなければ、自分で決めましょう。

〆切をどう守るか

後は「〆切をどう守るか」です。ギリギリになってから着手すると、もし間に合わない時に手を打つことができないので、仕事が発生した時に、道筋と〆切を決めておくのです。
また、〆切までにいくつかステップを踏まないといけないタスクはステップごとに〆切を設けて、小さな〆切を必ず守るように意識します。そうすると自ずと大きなタスクの〆切も守れてきます。

まとめ

繰り返しますが、時間は有限です。有限な時間を上手く使うには〆切を設けることが必要不可欠です。〆切を上手く使い、守れるようになると仕事力は大幅に向上します。