アタマを使うのは有限、だからこそ使い方の工夫が必要!

sunadokei_20171018 未分類

脳も体力と同じように一日で使えるチカラは決まっています。朝起きた時に満タンなチカラは夕方になるまでに減っていきます。

朝満タンだからこそ、朝の過ごし方が大事で、一番アタマを使わないといけない仕事を先にやるのが望ましいとされます。

だんだんとチカラが使われていくからこそ、チカラの使い方には注意したいところです。

例えば、ある仕事をするのに筋道が立っていてやるのと、筋道が立たないままやるのとではアタマの使い方が違います。前者はやるべきことが見えてるので、やるべきタスクそのもののみにアタマを使うことができます。しかし、見通しが立ってないから、あれこれと考えるのにチカラを使い、何も仕事が進んでいないのです。

また、夕方はもう使えるチカラが残っていないので、そこから本気を出してやると言っても朝やるより効率は下がります。

一日にやる仕事を見通し、どのタスクが一番アタマを使うかという観点で着手する順番を決めると上手くいくのでしょう(私自身がまだこういう仕事のやり方にできるよう、日々試行錯誤していますので、こういう書き方をしています)。

チカラは無限にはなく、有限です。それをどう使うのかにもっと意識を向けることが重要なのです。