乗り物酔いな私がやっている新幹線時間の過ごし方

ライフスタイル

こんにちは。

皆さんは新幹線の移動中にどのように過ごしますでしょうか?
ビジネスの場では出張で、家族で実家へ行くのに私は新幹線を使います。
特に、2018年からは大阪へ出張する機会が増え、新幹線をよく乗ることが増えました。

そこで、私が新幹線で移動しているときに車内でどう過ごすかについてまとめました。
同じように新幹線を使う皆さんの参考になれば幸いです。

新幹線移動中の過ごし方

乗り物酔いなのがデメリット

新幹線は1時間以上まとまった時間が確保できて、誰にも邪魔されません。
こういう時にはパソコンを開いて、仕事を黙々と進める人も多いと思います。

しかし、私の場合は新幹線でパソコンを使うと乗り物酔いをしていまいます。
だから、パソコン作業が一切できません。
合わせて、本や雑誌と言った活字も同じく乗り物酔いをしてしまいます。
それなので、何か本を持ち込んで一冊読み通すといった過ごし方もできません。

他の人のような新幹線ならではのメリットが私にとってはデメリットになっています。

専ら休息時間として過ごす

パソコン作業ができない私の新幹線移動時間の大半は休息時間となります。
目を瞑るだけの場合もありますし、アラームをかけてガッツリと寝る場合もあります。

スマホでの作業は問題ない

前述の通り、パソコン作業は乗り物酔いしますが、スマホを見る分にはさほど酔いません。
なので、スマホでできる仕事はやっています。
と言っても、簡単なメールのレスくらいです。

後は普段の移動中と同様にブログを書いたり、Kindleアプリで読書をしたり、気晴らしにSNSをしたりしています。
油断するとずっとSNSをやってしまいがちです。
そうならないように注意しています。

ご飯を食べたり、新幹線居酒屋として過ごす

駅で買ったお弁当や惣菜を買って食べるのも新幹線ならではの過ごし方です。
また、アルコールとツマミで一杯やるというのもありです。

夜の新幹線に乗るとビールとツマミでチビチビやって、寝るというビジネスパーソンをよく見かけます。
私が新大阪から東京へ向かう新幹線は大半これです。

プライベートでは子どもたちにつきっきり

一方、プライベートで実家へ向かう場合の過ごし方についてです。

子どもたちと新幹線に乗るとあっという間に時は流れます。
退屈して遊んでとせがんだり、席にじっとしてられないのでデッキを散歩させたりと大人を休ませてはくれません。
最近はiPadにインストールしているAmazonプライム・ビデオのおかげでだいぶ大人しく新幹線の中を過ごしてくれていて助かっています。

まとめ

まとまった時間、ひとりになれる新幹線の中は毎日を充実して過ごしているビジネスパーソンにとっては貴重な時間です。ところが、私の場合はパソコン仕事ができないので、あまりその恩恵を受けられていません。

しかし、ひとりになれる時間であることは間違いないので、大切に使うように心がけています。