「逆算キムラボ」へ久しぶりに参加して、逆算手帳熱がいい具合に上がってきた!

逆算手帳

10月20日土曜日は月1回の「逆算キムラボ」の日でした。8月は私が休日出勤で欠席に、9月はきむらさんの都合で中止となり、お久しぶりのキムラボとなりました。

改めて、「逆算キムラボ」とは?

税理士で逆算手帳・シニア認定講師であるきむらあきらこさんが主催する月1回の講座です(Zoomでの開催)。逆算手帳で設定した目標に対して、毎月進捗状況を共有したり、手帳の使い方・疑問点をシェアできる場です。メンバの進捗状況について、きむらさんから的確なフィードバックを受けることができます。

私自身、計画は立てたものの、それが立ち消えになってしまうことがこれまで多々ありました。せっかく買った逆算手帳でしっかりと目標へ近づきたいと思い、この講座に申し込みました。きむらさんや参加される方の目標への進捗や手帳の使い方などを聴いて、毎月刺激を受けています。

手帳挫折から立ち直れた

7月〜9月は繁忙期に毎週1回の出張が入り、生活リズムが大きく崩れてしまいました。手帳を見るどころではなくなり、9月末にはすっかり手帳から遠ざかってしまっていました。

10月に入りようやく落ち着いてきました。いつもなら、来年の手帳に目を向けて、今年の手帳はもうそのままの状態でした。しかし、この「逆算キムラボ」があるからこそ、なんとか立ち直ろうと思い、取り組んできました。WishListやライフビジョンをしっかりと作っていて、年間目標にまで落とし込みができていたこともあり、軌道修正を行うことができました。

意外にもWishListで達成していた項目も複数ありましたし、年間目標の進捗バーを進めることができていたものもありました。諦めずに年末までやってみようと思いました。軌道修正もしたので、ここから年末まで一つでも進めていこうと思います。

逆算手帳2019年版へ

「逆算キムラボ」の話題も今年の目標進捗とともに、2019年版の逆算手帳に関することも多く出てきました。私は2019年版を買って、名前を書いて、WishListを書き出しているところまでは来ています。2019年版のヒントや気付きももらえたので、年末に向けて5分でもいいので進めていきます。

逆算手帳は「自分株式会社の事業計画書」です。ワクワク基準を大切に、楽しみながら2019年版の逆算手帳を仕上げていきましょう!

まとめ

手帳を使いこなすというよりかは手帳に書いた目標をどこまで拘るかです。毎年、途中で立ち消えになることも多かったのですが、今年は最後まで粘れそうな気がします。合わせて、2019年版の逆算手帳を仕上げていき、2018年の私からどれくらいバージョンアップできたかを楽しみたいですね。