「逆算キムラボ」で逆算手帳をもっと知り、目標へ近づくことを実感できる

20170905091109.jpg 未分類

今日は月に1回の「逆算キムラボ」の日でした。一歩ずつ逆算手帳を使って、プランを実行へと移せていると実感できました。

「逆算キムラボ」とは?

税理士で逆算手帳・認定講師であるきむらあきらこさんが主催する月1回の講座です。逆算手帳で設定した目標に対して、毎月進捗状況を共有したり、手帳の使い方・疑問点をシェアできる場です。メンバの進捗状況について、きむらさんから的確なフィードバックを受けることができます。

私自身、計画は立てたものの、それが立ち消えになってしまうことがこれまで多々ありました。せっかく買った逆算手帳でしっかりと目標へ近づきたいと思い、この講座に申し込みました。きむらさんや参加される方の目標への進捗や手帳の使い方などを聴いて、毎月刺激を受けています。

毎月やるからこそ、手帳の使い方を工夫できる

定期的に進捗を他の人へシェアするわけですから、目標を忘れることはできません。次の1ヶ月に向けて、いろいろと工夫するようになりました。前回の講座で「それぞれのページにどういう役割を持たせるか?」という話題になったので、そこから自分なりに考え、マンスリーガントチャートのページを目標進捗を見える化する役割に特化し、ランニングや片付けなど習慣化させたい項目について進捗を把握できるようにしました(下の写真)。

今回は15ヶ月ガントチャートの使い方やプロジェクトプランニングに関しての話題が出ました。私も「15ヶ月ガントチャートページ」はまだしっくりといかないところもあったので、今回の講座を契機に自身の目標に対してプロジェクトマネジメント視点でもう少し練り直していきます。

逆算手帳をさらに知りたい

私は2018年度版から使い始めた「逆算手帳1年生」です。買ってからビジョンを描き、プランを練って、それを実行へと移している中でさらに逆算手帳を好きになっています。これまでなかなかできなかった目標へどれだけ近づいているかを「見える化」できることが一番大きいですね。

20170905091109.jpg

「逆算キムラボ」を通して、もっと逆算手帳の良さを知っていきたいです。まだまだ、私が知らない可能性がこの手帳には秘められているのではと思うからです。