逆算手帳は目標に対する進捗を確認するツール、それ故に「ライフビジョン」の仕上がりが肝となる

逆算手帳

今日も逆算手帳の話、昨日は「ライフビジョンは人生の北極星であり、自分軸を見える化する」話でした。

逆算手帳は目標に対する進捗を確認するために使う

ライフビジョンに沿って逆算を進め、年間目標を立てたとします。
逆算手帳はその目標の進捗を確認するためのツールとして機能します。普通の手帳がアポイントを管理するのに対して、逆算手帳は目標の進捗を確認することが大きな違いです。

毎日使い、確認するからこそ

毎日、目標に向かってメラメラと闘志を燃やして活動できていたら良いですが、なかなかそうはいかないときも多くあります。
時には自分の立ち位置すら見うしないがちな状況に陥ることもあるでしょう。
また、目標は定期的に確認しないとあっという間にアタマから忘れ去られるものです。
だからこそ、逆算手帳の「ライフビジョン」のページや「年間目標」のページは定期的に確認することが大事です。
上手くこの手帳を使っている皆さんはどのページにいつ何を書くかを見える化して、コツコツと行動しています。
「ライフビジョン」のページは日々確認すべきページです。なぜなら、自分の目指すべき目的地が書いてあり、自分軸がはっきり分かるからです。
日々見て、確認するページだからこそ、見てワクワクするような仕上がりになっていると、日々楽しくなりますし、ビジョンに向かって行動しようという行動が芽生えます。

まとめ

挫けそうになったときや凹んだ時に、逆算手帳のライフビジョンを見る方もいらっしゃいます。それだけ、自分を立ち直らせるチカラを秘めたページが「ライフビジョン」のページなのです。
それゆえ、このページがキチンとできてないとこの手帳は上手く使えません。ライフビジョンをしっかりと仕上げることが逆算手帳を使いこなすためには絶対に必要なのです。