飲み会を楽しむために自分が飲むとどうなるかを知り、対策を講じる

未分類

年末が少しずつ近づいています。昨日は久しぶりに会社のメンバと飲み会でしたが、これから忘年会が増えてくると飲む機会が多くなるのではないでしょうか?

飲み会で飲むと自分はどうなるかを知る

飲み会で飲むと皆さんはどうなるかを客観的に把握できていますか?
例えば、これ以上飲むと理性が効かないとか、飲んだ次の日は頭痛が酷くて起きられないとか、お酒を飲むことによって、自分がどのような状態に陥るのかを理解しておくことは大事です。

飲み会がある日は自分がどういう状態になるかを理解して、対策を講じる

お酒を飲んで陥る状態を改善することは時間がかかります。それであれば、飲み会の前後で対策を講じておきましょう。
例えば、飲み会の前に、ルーチンタスクで必ず終わらせる必要があるものはやってしまうことや、飲み会の次の日に大きな仕事を入れないようにスケジューリングを工夫することなど、ちょっとしたことですが、大きく効いてきます。
一番ダメなのは何も対策を講じず、二日酔いのまま朝からボーッと時間を過ごしてしまうことです。
自分の状態を理解して、先回りして対策できることは対策を講じておきましょう。

まとめ

お酒を飲んで、何もせずパーっと楽しむのではなく、仕事や自分がやりたいことに影響が出ないようにちゃんと手を打ってから、思い切り楽しむようにしましょう。