朝の通勤時間は娘の成長を感じ取る何より嬉しい時間である

子育て

幼稚園に通う上の娘と一緒に朝出かけるのが今年の夏から続いています。

幼稚園に遅れないために

当初は妻と娘で幼稚園に出かけていました。二人の娘と私の支度もあり、朝から妻はフル回転の状態で、時間が間に合わず何度か遅刻してしまいました。幼稚園からも気をつけてと注意されたようです。
時間に間に合わないと妻も余裕がなくなりますし、さらには娘も焦り出し、いいことが全くありません。
そこで、私が会社に出る時間に娘と一緒に出て、後から追いかける妻と幼稚園バスの乗り場でバトンタッチするやり方を取ることにしました。

余裕を持った行動が取れる

私がそんなに通勤時間がかからないので、何とか続けることができています。娘も遅れずにちゃんとバス乗り場に着けるので、ココロに余裕があるように思えます。
たまに私が電車に間に合わないこともありますが、ギリギリ会社に定時までに着けているので良しとしましょう。

娘と二人で話せる時間が何より嬉しい

娘も余裕が持てるから嬉しいのですが、私自身も娘と二人で出かける時間が楽しみなのです。普段は下の娘もいるので、なかなかじっくりと話を聞いてあげられません。
この時間は二人だけなので、娘の話をしっかりと聞いて反応してあげるようにしています。娘の成長を感じ取ることができるこの時間は私にとっては何より嬉しい時間なのだと思います。

いつまで続くかはわかりませんが、娘と二人で話せる時間を大切にしていきたいです。