手帳を日々開いて眺めるだけの余裕を持たせることが自ら意志を持って事を進める第一歩である

未分類

先週の平日は予定がパンパンに詰まった一週間でした。週の後半になって、手帳も開かなくなってしまいました。

手帳を何のために使うのか

私は来年、「逆算手帳」と「ジブン手帳」と「朝活手帳」の3つを使う予定です。
中長期的な視点での戦略策定に「逆算手帳」は使います。短期的な視点での予定管理やログ記録として「ジブン手帳」を使います。そして、「ひとり時間」をより充実させるために「朝活手帳」を使います(私の場合、ひとり時間は朝しかまとまって確保できないため)。
それぞれ目的を決めて使い出していますが、これらは日々開いてメンテナンスをしていくことが、より自分のやりたいことを効果的に実行していくためには必要です。

手帳を開くだけの余裕を持たせる

先週の後半は手帳を開く余裕もない状況でした。正確には時間はあるのですが、アタマが手帳を開こうという意志が全く働きませんでした。
手帳には自分の未来が書かれていますし、自分のビジョンが描かれています。これらを日々眺めるだけでも、自分の立ち位置を明確にすることができるのです。自分がやっていることは向かおうしている目標に近づいているのか、外れてしまったのかを確認できるのです。
また、手帳を眺めて、メンテナンスをしていくことで、自分自身が意志を持って、目の前のことに取り組むことができます。単に流されるだけの状態からは脱することができるのです。
でも、先週は開くことができなかったのです。それだけココロに余裕がなかったのでしょう。手帳より休むことを選んだのです。そんな状態だから日曜日もネットサーフィンしてしまい、意志を削いでしまったのではないかと今振り返り感じます。

だから、今週はせめて手帳を眺める余裕は持たせようと決めました。これだけでも周りに流されずに自分の意志で諸々進めることができるのです。