断捨離と毎日コツコツ捨てる習慣とのハイブリッドな片付けを実践中!

未分類

私が今年やりたいプロジェクトの一つとして、「四畳半を片付けて、ひとり時間をより楽しめる空間を作ろう」があります。

要は、四畳半で私はひとり時間を過ごすことが多いのですが、半分物置と化している部屋を何とか機能的な空間に変えて、よりひとり時間を楽しめるようにしたいのです。

部屋の片付けを少しずつ進める

やるべきことはまず第一に部屋の片付けです。部屋から要らないモノを捨てて、要るモノだけにすることをやらないといけません。
具体的な手段は二つあります。一つは週末に一気にモノを出して、要らないモノを捨てるやり方です。もう一つは毎日コツコツと要らないモノを一つずつ捨てていくやり方です。
一気に捨てると部屋はスッキリしていきますが、時間と労力が相応にかかります。片付けをやるのは私だけの状況で、一人で半日をこの作業に毎週充てるのは正直しんどいところです。
それなので、私は最近は毎日コツコツと要らないモノを捨てるやり方を続けています。このやり方だと、片付けにかける時間は10分から30分程度で済みます。その時間を確保して、日々要らないモノを捨てています。
一つ捨てると芋づる式に捨てるものが出て来ますが、時間があればまとめて捨てますし、なければその日はやらずに明日に回しています。
どうしてもその日に片付けができない日もありますが、毎日コツコツと捨てる習慣を身につけられるように実践中です。

断捨離とのハイブリッドがベスト!

かと言って、一日に一つ捨てていくだけでは片付けは完結しません。何処かのタイミングで断捨離をする機会を作ることも大切です。
断捨離も無計画にやっていてもダメだと実感します。どのエリア(衣類?、本?)をやるのか、ゴミはいつ出せそうかなど、プランを立ててから取り組むと取り組みやすいです。

二つのやり方を上手く組み合わせて、年末にはよりひとり時間を過ごせる空間づくりを目指して、取り組んでいきます。