上り棒ができた娘のチャレンジに思う

子育て

今朝からみぞれが降り、関東地方は寒い一日です。昨夜は下の娘の夜泣きに起こされ、眠気が取れません。月曜、火曜と遅くまで仕事をして寝不足だったので、昨夜の夜泣きはさすがにしんどかったです。

昨日は早めに帰宅できました。久しぶりに子どもたちとも向き合えました。上の娘は上り棒が上れたと大喜び、日頃から頑張っていたようで、親としては嬉しかったですね。

子どもに自分のできなかったことをやれと求めるのはあまり良くないことだと思っています。上り棒は私は学校に通っている間で一度も成功できずに終わってしまいました。あまり、娘に何が何でもやれとは言えないのです。

でも、娘は自分の意志でやろうと頑張り、できたのです。それが、私にとっては何よりも嬉しいことでした。これから当然ですが上手くいかないことも多々あります。でも、コツコツとチャレンジしていくことは忘れずにいてほしいのです。

子どもはその置かれた環境でしっかり育ってくれています。子どもたちが育つ環境づくりを親はちゃんとやっていかないといけないのだと思いました。