六本木ヒルズ・豚組食堂〜「究極のトンカツ」を堪能できるオススメのお店

食べる
seikurabe
こんにちは。
六本木ヒルズへ仕事で行ってきました。
美味しいランチを食べてきましたので、ご紹介します!

豚組食堂でランチ

行ってきたのは「豚組食堂」というトンカツ屋さんです。
私はランチでよくトンカツを食べますが、ホームページで見た「究極のとんかつ」というコンセプトに惹かれ、お店へ行ってみようと思いました。

「豚組食堂」は六本木ヒルズノースタワーの地下一階にあります。
ランチで訪れたのはお昼どきの12時40分頃で行列ができていました。
しばし、行列に並んで待ちます。

しばらくしたら、カウンターへ通されました。
アツアツのトンカツが揚がっていくのを間近で見ることができます。

メニューを眺めます(メニュー内の価格は税込みです)。
今回は少し贅沢に「ロースとんかつ220g」(1,950円・税込み)を注文しました。

お店の人から「多少お時間かかりますけどよいですか?」と確認があり、トンカツが揚がるのを待ちます。

メニューの裏側はトンカツを美味しい食べ方について書いてあります。

しばらく待っているとロースとんかつ220gがやってきました。
ご飯、赤だし、キャベツが付いてきます(ご飯とキャベツはおかわり自由です)。


早速、ロースとんかつ220gを食べてみました。

まずは、そのまま食べます。
素直に美味しいです。
肉厚だけど、柔らかく、胃にもたれません。
ロースとんかつは脂身が多いけど、特に抵抗なく食べられます。

次に、カウンターに置いてある岩塩につけて食べてみます。
そのまま食べたときとは違う味で、これはこれで美味しいです。
岩塩につけることで、豚肉の味が引き立ちます。

最後にソースにつけて食べてみます。
ソースがロースとんかつにちょうど合います。
しつこくなく美味しく食べられます。
揚げたての状態から時間が経つにつれて、ソースで食べる方が美味しいように思います。
だから、美味しい食べ方で「そのまま食べる→塩につける→ソースにつける」という順を薦めているのでしょう。

付け合せのキャベツです。
こちらはカウンターに置いてあるフルーツポン酢で食べるように薦められたので、それで食べてみました。
キャベツがみずみずしくて、こちらも美味しくいただけました。

最後に

ランチで2,000円近くはちょっと贅沢ですが、たまの機会ですので、良しとしましょう。
他のお店のトンカツが食べられないくらい、美味しいトンカツでした。
六本木に来たら、是非オススメしたいお店です。

お店の情報はコチラから!

関連ランキング:とんかつ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅