誕生日に写真館でバースデー写真を撮る〜娘たちの笑顔を思い出としてプレゼントする

子育て

皆さんは自分の子どもの誕生日に何をプレゼントしていますか?

我が家は3歳の誕生日まではバースデー写真を撮ることにしています。下の娘が4月に3歳の誕生日を迎えましたので、バースデー写真を撮りに写真館へ行ってきました。最後のバースデー写真になります。

なぜ、バースデー写真を撮るのか?

折々に家族で写真を撮っているのに、バースデー写真を撮るのはなぜなのかという声もあるかもしれません。また、写真ではなく何かモノを買ってあげればよいのではと思うかもしれません。
しかし、モノはいつかなくなります。小さい頃のプレゼントは大きくなると、忘れ去られてしまいます。写真であれば、大きくなっても残ります。家族で思い出として振り返ることもできます。
将来、娘たちがバースデー写真に写っている自分の笑顔を見て、また幸せな気分になってもらえたら嬉しいですね。
4歳になってからは、自分でプレゼントを選ぶようにしています。

最後のバースデー写真を撮りに出かける

ゴールデンウィークにバースデー写真を撮りに行ってきました。
場所は「スタジオアリス」という、子ども向けの写真館です。全国展開されていて、ショッピングモールなどに出店しているので、ご存知の方も多いと思います。

まず、写真を撮るための衣装を選びます。女の子なので、ドレスになりますが、たくさん種類があって目移りします。
その後、着替えとメークをしてもらい、写真撮影です。一つの衣装でだいたい2カットを撮影してもらえます。

写真撮影が終わったら、着替えて写真を選んでお会計をしたら終了です。

今回は下の娘がドレスを2着着て、撮ってもらったほか、上の娘も入学写真を撮ってもらいました。

子どもの笑顔を引き出すのが上手い

「スタジオアリス」には上の娘と合わせて、かなりお世話になりました。
最初は慣れない空間で普段とは違う衣装を着て、緊張する子どもたちですが、お店の人が上手く緊張をほぐしてくれるので、写真撮影の最後はいい表情になっていました。

子どもたちの笑顔がうまく引き出されており、毎回訪れる度にお店の人に感心します。そして、子どもたちの笑顔を見て、幸せな気分になります。

私たち以外にもお客さんがたくさんいて、写真を選び終わり、会計を済ませるまでに3時間近くかかりました。最後は家族揃って、グッタリお疲れモードでした。

最後に

下の娘が3歳を迎えたので、バースデー写真イベントは今回でおしまいです。親としては少し寂しい気もします。しかし、裏返せば、子どもたちは着実に大きくなっていることでもあります。

子どもたち2人とも大きく育ってほしい。改めて、そう思ったイベントでした。