出生届を出すときに考えるべきこと

子育て

下の娘が先週、2歳になりました。ちょうど2年前は名前を何にしようか夫婦でゆっくりと考える余裕もなく、慌ただしく過ぎていきました。改めて、出生届を出すときに考えるべきことを振り返ってみます。

子どもが生まれたら出生届を出すのが第一ステップ

子どもが生まれた産婦人科で出生届をもらいます。出生届の右側は出生証明書となっており、そこは産婦人科に中身を書いてもらう必要があります。ですので、退院時に必ず出生届をもらうようにしましょう(産婦人科が忘れることはあまりないですが・・・)。

出生届をもらったら、市役所に14日以内に届を提出する必要があります。14日を超えると別途書類を書いたり、超過料金を取られたりする場合があります。必ず14日以内に提出しましょう。

私の第二子の場合は14日ギリギリに提出しました。市役所の係の方が指折り数えて、14日であることを確認してました。書類は無事提出されました。

赤ちゃんに名前を与える

出生届を出すには赤ちゃんの名付けが必要になります。これは夫婦それぞれの考え方があると思います。よく話し合って名前を考えるようにしましょう。名付けに関しては本やサイトなどたくさんの情報があふれています。夫婦で納得がいく名前を頑張って見いだしてほしいですね。

姓名判断が良い名前がいくつかあった場合でも、実際に書いてみたり、呼びかけてみたりして違和感がないかを確かめてみるのもポイントです。叱る場面だってあるかもしれません。そのような時に呼びづらい名前だとどうでしょうか?実際に赤ちゃんに名付けた後のことを想像してみながら呼びかけたり、文字に起こしてみたりしてみましょう。

なぜ、そのようなことまで?と思うかもしれませんが、名前は一度与えてしまったらやり直しが非常に難しいからです。よほどの理由でない限りは改名はできないと思った方がよいでしょう。これから死ぬまでずっと呼びかける名前ですから、夫婦で納得がいくモノを考えてみてください。

出生届を出したら

市役所に届を出した後にもやることは結構あります。児童手当の申請、会社への出生届提出(これをしておかないと、扶養対象にならない)、健康保険証の発行といったものです。市によっては医療費の受給券をもらうなどの独自でサービスを行っている場合があります。事前に赤ちゃんが生まれると市でどういったサービスが行われているのかは確認しておくとよいでしょう。

特に重要なのが健康保険証の発行です。赤ちゃんが体調を崩して病院へ行くような場合も考えられます。その際に保険証がないと後々手続きも大変です。速やかに申請を行うことをオススメします。

まとめ

子どもが生まれてきておむつ替え、授乳、沐浴と日々やるべきイベントは多々ありますが、出生届一つをとっても大事なことが詰まっています。14日以内と限られた中で夫婦でじっくりと考えて、いい名前を赤ちゃんへつけてあげましょう。