子育ては夫婦で行い、時には頼るべきところに頼るのがコツ

子育て

今月は下の娘の誕生月です。妻は専業主婦ですが、それでも一人育てるのと、二人育てるのは大きく違います。

家族との絆を深めておく

私と妻では当然回らないので、出産当初は妻の両親に助けてもらいました。
核家族になり、両親とあまり関わりがない家庭もあるかもしれません。いざという時に頼れるのはやはり自分たちの親です。
家族との絆は普段から深めておくことが大切です。出産予定日とか、子どもが生まれてからの段取り、何を手伝ってほしいかを具体的に共有しておくと良いですね。

上の娘をフォローする

二人目が生まれてくると、一人目は当然のように受けていた愛情が二人目にも注がれます。最初は二人目が生まれてきたという事実を受け止めるのに大変でしょう。
私の場合、上の娘は幼稚園に通いだしたばかり、幼稚園もまだ慣れないし、家帰ってもお母さんがいない状況だったので、休みを取って、できるだけ上の娘に寄り添ってあげました。
娘の幼稚園初めてのお弁当は私が作りました!

まとめ

私の家族は共働きの家庭に比べたら全然大変さの度合いが低いと思います。でも、子育ては夫婦で取り組むべきものであることは共働きだろうが、専業主婦だろうが変わりません、
夫婦でよく会話して、時には頼るものに頼る、それが子育てをするコツなんだと振り返ってみて思います。