「お金を整える」(市居愛著)、お金を整えるとは人生を整えることにある

学び・成長

市居愛さんの著書、「お金を整える」を読みました。

これまではお金の流れが見えてなくて、気がつけば赤字になる生活でした。
どうにかして、赤字にならないようにするにはどうすれば良いのかを考えていたところ、本屋さんでこの本に出会いました。

気づき

お金のない原因は「お金の通り道」が散らかっているからである

お金がどこを通るかというと、財布・通帳・冷蔵庫・家計簿・保険など、それをどう整えていけば良いかがこの本には書かれています。
最近バタバタしすぎて、財布の中がレシートでパンパンでした。
レシートを取り出して、お札の向きを整えて入れてあげるだけですが、スッキリした気持ちになりました。

部屋が散らかるとお金は逃げる

我が家も部屋にモノが無造作に散らばっている状況です。
きちんと整えて、モノを大事にして、必要なモノに投資をすることでお金の流れが良くなるとあります。

意識しないと直ぐにモノにあふれてしまいがちです。
必要なモノを大事に扱い、いつか使うかもというものは「なくても大丈夫」と手放すように部屋を整えていきます。

お金を整えるとは人生を整えること

深い一文でした。

でも、これはたしかにそうだと思います。
ココロやカラダが整わないと部屋とかも整いません。
心身をしっかり整え、お金の流れを整理して見えるようにするだけでも家計は改善されていくのではと思います。
そのためには自分自身もしっかりと整えるように日々努めます。

本を読んで取り組むべきアクション

財布の中を整える

レシートを一掃できたので、次はカード類です。
10枚以上、財布の中に入っているので、これらをスリム化できないか、取り組んでみます。

保険を整える

保険も子どもが生まれるのに合わせて入ったは良いものの、状況も変わってきて、支出のかなりの割合を占めるので、見直しが必要です。
年内目標で見直しを図ります。

部屋を整える

我が家も必要のないモノがかなり溢れています。
年末までに要らないモノは処分して、スッキリした気持ちで新年を迎えられるようにコツコツと取り組みます。

まとめ

単に無駄な支出を抑えるだけが、家計改善と思っていたので、人生全体を整えていくという考えにはビックリしました。
お金はあくまでもツールであり、お金を使って人生をどうしていくかが肝心だと実感しました。
本に書いてあることを実践して、お金の通り道をすっきりとさせていきます。