2018年の残りをどう過ごすか、小さなアクションプランを立ててみた!

未分類

この一か月で本当に年始からコツコツと積み重ねていたことがガラガラと崩れてしまいました。年末まで残り3ヶ月を切りましたが、まだこのままでは2018年は終えられません。どうしていくべきか自分なりのアクションプランを書いてみます。

毎日手帳を見る

この一ヶ月で手帳を見ることがグンと減りました。目の前の仕事に追われてしまい、自分が何を目指したいのかが見失われていました。
まずは毎日手帳を見て、自分が何を目指しているのかを確認する時間を確保します。
私の手帳は「逆算手帳」といって、将来こうありたいという「ライフビジョン」を描くページが用意されています。ビジョンから逆算して、この一年、この一ヶ月何をやらないといけないかを落とし込めるようになっています。毎日眺めて、自分の脳にこれをやりたいんだ、これを目指すんだと強く意識付けを行っていきます。

無理しない程度に運動する

次に運動です。ランニングをコツコツと続けていましたが、この3ヶ月は全く走れていません。暑いのが理由ではなく、そもそも走る余力が残っていないのが正直なところです。
2回の深夜作業もあり、生活リズムも大きく崩れてしまいました。運動もやりたいのですが、今は睡眠時間を確保することを最優先にやっていきます。
睡眠時間を最低でも6時間以上は確保することを最優先に考えて行動していきます。そうでないと自分自身のパフォーマンスが著しく低下するからです。
その上で、運動できるキャパシティがあれば、優先して運動をしていくようにします。この一ヶ月ランニングができず、ランニングの脚づくりもすっかり飛び去ってしまいました。コツコツと走って、大会に参加できるレベルに持っていくことが当面の目標です。

インプットよりアウトプットを重視

直近で「アウトプット大全」という本を読みました。インプットとアウトプットとの割合はインプットが3に対して、アウトプットが7であることが望ましいとされます。私含めて殆どの人がインプット過剰になってはいないでしょうか?通勤時間を上手く活用して、アウトプットの量を増やしていきます。
また、2019年版の逆算手帳も発売されました。新たにビジョンを描き、目標へブレイクダウンしていくので、考えて、書き出すことも増えてくるはずです。
アタマの中で何を思い、どうしたいのか、どうありたいのか、なかなかアウトプットできていないので、年末までにコツコツと取り組みます。

まとめ

たかが3ヶ月、されど3ヶ月です。ブログにアウトプットしてみて、まだまだやれることも多いし、足搔ける余地は十二分にあると感じています。
5分でもいいのでまずは行動に移すことからやっていきます。